メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白い花雪原のよう 京都、かやぶき屋根を背景に

見ごろを迎えたソバの花=京都府南丹市美山町で、小関勉撮影

 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「かやぶきの里」(京都府南丹市美山町)でソバの花が見ごろを迎え、かやぶき屋根の古民家を背景に、白い花が雪原のように広がっている。

 地区の住民らが2002年から休耕田を利用して育てており、今年は2.2ヘクタールで栽培。花は10月上旬まで楽しめるという。同月末には収穫し、11月下旬ごろに地区内にある「お食事処きたむら」で新そばとして販売する予定だ。

 堺市北区から夫婦で訪れた美容師の森本友香さん(32)は「初めてソバの花を見ました。思ったより小さくてかわいく、写真映えします」と笑顔で話した。【小関勉】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新垣結衣、高校生告白の練習台に 「初めてが私でいいんですか?」と神対応
  2. 交通トラブル 「殺すぞ」と脅した男逮捕 兵庫県警
  3. 衆院選 台風接近、22日は大雨の可能性
  4. 大雪山系旭岳 遭難の4人保護 19日朝にも病院搬送
  5. 青山剛昌 画業30周年記念本でカイジ作者がコナン描く ざわ…ざわ…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]