衆院

首相、今夕解散表明 社会保障改革訴え 「人づくり」2兆円

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は25日夕、首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会冒頭に衆院を解散する意向を表明する。緊迫する北朝鮮情勢に万全の対応を強調する一方、消費税率10%への引き上げを前提に、増収分の使途を幼児教育無償化などに変更する意向を示し、社会保障制度の「全世代型」への改革を訴える。また会見に先立つ経済財政諮問会議で、自身が提唱するこうした「人づくり革命」に2兆円程度を充てる考えを示す。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文839文字)

あわせて読みたい