メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

芸者歌謡継承に使命感/高見沢のエレキ歌謡を=専門編集委員・川崎浩

芸者歌謡継承に使命感

 昭和歌謡界には「芸者歌手」という人気者がいた。市丸や赤坂小梅、神楽坂はん子など紅白級であった。彼らの独特な情緒と手の届かないであろう異次元の存在感は、SF的と言ってもいい「特別な和風」であった。

 今年29年目の野中彩央里は、そんな情緒に「中学生からあこがれて歌手になった。今やっと歌えそうな気がする」と語る。新曲「宗谷海峡」(仁井谷俊也詞/徳久広司曲、徳間)は、旅情演歌だが、徳久に薦められ、最近のカップリング曲は「ブギウギ」など“芸者歌謡”で攻めている。アルバム「大人の歌謡曲」でも…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです