特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会 4強決まる 国学院栃木が圧勝 青藍泰斗2年連続 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【青藍泰斗-佐野日大】七回表青藍泰斗2死二塁、川端の右前適時打で二塁走者の荻原が生還(捕手・遠藤)=宇都宮清原球場で 拡大
【青藍泰斗-佐野日大】七回表青藍泰斗2死二塁、川端の右前適時打で二塁走者の荻原が生還(捕手・遠藤)=宇都宮清原球場で

 第70回秋季県高校野球大会兼第70回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞宇都宮支局など後援)は24日、宇都宮市の宇都宮清原球場で準々決勝2試合が行われ、4強が出そろった。夏の栃木大会で3年連続準優勝の国学院栃木は宇都宮南をコールドで降し、3年ぶりの準決勝進出。今夏の栃木大会4強の青藍泰斗は佐野日大を終盤に振り切り、2年連続でベスト4入りを決めた。準決勝2試合は30日、宇都宮清原球場で行われる。【李舜】

 ▽準々決勝

青藍泰斗

  010020111=6

  000030000=3

佐野日大

 (青)山本、阿部-益子

 (佐)田嶋、山田、松倉-遠藤、佐久間

▽本塁打 大塚(青)

▽三塁打 川端、福田(青)

▽二塁打 川端(青)

国学院栃木

  2300003=8

  0000000=0

宇都宮南

 (七回コールド)

 (国)水沢、渡辺、宮-大久保

 (宇)鈴木、田島-津田

▽三塁打 大栗(国)

▽二塁打 勝盛(国)


 ■歓声を背に

足りなかった粘り 佐野日大・田嶋俊輔投手(2年)

 「粘りが足りなかった」。試合後、悔しさをあらわにし、自身の課題を口にした。

 「低めへの制球が持ち味」とバッテリーを組んだ遠藤紘大(2年)が評したように、この日も低めに球を集め、立ち上がりは上々。四回までは青藍泰斗打線を1点に抑えた。

 しかし、落とし穴は五回だった。「五回を無失点で抑え、仕切り直しになるグラウンド整備後の六回をいい形で迎えよう」。そうチームで確認したが、2死から連続長打を浴び、2失点。「抑えなければいけなかった。粘りが足りなかった一番の場面」と悔やんだ。

 八回には先頭打者に高めに浮いた初球を本塁打された。さらに味方の失策で無死二塁のピンチ。「逆転するためにもこれ以上失点するわけにはいかない」と気合を入れ直した。得意の低めにボールを集めて後続を断ち、意地を見せた。

 同校が1989年夏に初めて甲子園に出場した時のエースだった麦倉洋一監督は「春にはうちの大エースと呼ばれる投手になってもらわないといけない存在。この敗戦で成長してほしい」と期待を寄せる。「結果で監督の期待に応える」。下半身を鍛え直して投球の粘り強さを身につけ、一回り大きくなった姿を春に見せる。【李舜】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする