メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

武蔵野市長選/武蔵野市議補選 告示 市長選、新人2氏の争い 邑上市政評価が争点 /東京

 任期満了に伴う武蔵野市長選は24日告示された。立候補を届け出たのは、ともに無所属の新人で、元市議の高野恒一郎氏(45)=自民推薦▽元都議の松下玲子氏(47)=民進、共産、自由、社民、武蔵野・生活者ネットワーク支持=の2人で、一騎打ちの構図が決まった。今期限りで引退する邑上(むらかみ)守正市長(59)の市政をめぐり両氏は主張の違いを鮮明にしており、選挙戦の争点となる見通しだ。

 高野氏は午前10時すぎ、同市吉祥寺北町1にある民間会社の敷地で第一声を上げた。

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1002文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです