メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

日豪熱い交流 川西で子どもら300人対戦 /兵庫

ラグビーを通じて交流を深めた日豪の子どもたち=兵庫県川西市の国崎クリーンセンター多目的広場で、高尾具成撮影

 川西市国崎の国崎クリーンセンター多目的広場で24日、日本とオーストラリアの子どもたちが、ラグビーを通じて国際交流を育む「川西市ラグビースクールフェスタ」が開かれた。日豪約300人の選手たちが楕円(だえん)球を追い、熱戦を繰り広げた。

 オーストラリアからは、シドニーにあるリンドフィールド・ラグビー・クラブに所属する小学校高学年の選手ら約50人が参加。川西市ラグビースクール(木本雅文校長)や西宮や伊丹の少年ラグビーチームと親善試合をした。

 川西市ラグビースクールは1993年の設立で、2000年からリンドフィールドと隔年で相互訪問している…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです