新党

自民危機感 首都圏、選挙の構図一変

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新党の結党構想について話す若狭勝衆院議員(手前)と細野豪志元環境相=東京都新宿区で24日、宮間俊樹撮影
新党の結党構想について話す若狭勝衆院議員(手前)と細野豪志元環境相=東京都新宿区で24日、宮間俊樹撮影

 小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員や細野豪志元環境相らが結成する新党が東京、神奈川、埼玉の3都県のほぼ全選挙区で候補擁立を目指す方針を固めたことで、選挙戦の構図が一変する可能性が出てきた。小池氏が率いた「都民ファーストの会」に都議選で敗北した自民党には、再現を懸念する声が根強い。また、自民党の福田峰之副内閣相が離党を表明し、自民、民進両党に新たな離党への警戒感も広がっている。【村尾哲、真野敏幸、堀和彦】

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1185文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい