メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

就職決まらず、孤独で絶望=回答者・高橋源一郎

 履歴書を600枚以上出したが、仕事が見つからない。派遣にも登録し、ネットからも応募しているが、不採用の通知ばかり。職安にも熱心に通うが無気力な職員ばかり。疲れて何もしたくない。面接先は零細企業か中小企業だが、面接官は変なやつばかり。俺は好奇心旺盛でチャレンジが好きだが、不採用の連続。絶望の中で金も職もなく孤独に生きている。何が楽しくて生きているのか、全く分からない。(30歳・男性)

 わたしは20代のほぼすべてを日雇いの肉体労働者として過ごしました。正規労働ではなく、行けば誰でも受け入れてもらえる現場でした。そこには、未来も希望もないように見えました。けれども、わたしにはそう思えませんでした。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 背景に義憤や嫉妬 安全な場所からたたく ネットめぐる訴訟手がける深沢諭史弁護士

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです