連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

老いを受け入れ、人生楽しむ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
老いを楽しむエッセーを出版した池内紀さん
老いを楽しむエッセーを出版した池内紀さん

 老いを受け入れることは簡単ではない。それでも何とか折り合いをつけながら、より楽しく生きるためにはどうすればいいのか。先月、エッセー「すごいトシヨリBOOK」(毎日新聞出版)を出したドイツ文学者の池内紀(おさむ)さん(76)に、生きるヒントを聞いた。

 ●4年に一つ挑戦

 不思議なタイトルは、池内さんが70歳の時につけ始めた手帳から。「年を重ねるにつれ、老いについて新たな発見がある。それを書き留める手帳を『すごいトシヨリBOOK』と名付けました」

 前提にあるのは「老いはそう楽しいことではない」こと。「成長」とは本来、できなかったことができるようになることだ。とすれば、老いは「マイナス成長」。「でも、それを認めることから始めなければ」と池内さん。

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1552文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集