特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 行方尚史八段-三浦弘行九段 第16局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

形勢逆転か

 図から普通の受けは[先]4八歩だが「[後]4六馬があるのでダメだと思いました」と行方は言う。以下[先]6一と[後]同銀[先]5八金[後]3九飛成[先]5九香[後]4九銀と迫られ、[先]4六金なら[後]5八銀成[先]同玉[後]4九金で窮する。本譜の行方は[先]5八香という受けをひねり出した。

 意表を突かれた三浦は[後]4八金とペッタリ張り付いて攻めたが、ここから行方が持ち前の終盤力を駆使した指し回しを見せる。[先]6一とと金を取ってから[先]7八玉と早逃げしたのが妙手。4七金、5八香をボロボロと取られる間に8九の地点まで玉を逃がして寄せの速度争いをギリギリに詰めた。本日終了図では「千日手かもしれませんし、先手はそれ以上の物を求めるかもしれません」と形勢逆転の可能性の声が検討陣から上が…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文821文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集