陸上

全日本実業団対抗選手権 山県、10秒00 男子100メートル連覇

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートル決勝、10秒00で優勝し、ポーズを取る山県=山崎一輝撮影
男子100メートル決勝、10秒00で優勝し、ポーズを取る山県=山崎一輝撮影

 陸上の全日本実業団対抗選手権(毎日新聞社共催)は最終日の24日、大阪・ヤンマースタジアム長居などで行われ、男子100メートルは決勝で25歳の山県亮太(セイコーホールディングス)が日本歴代2位タイの10秒00(追い風0・2メートル)で2連覇を果たした。今月9日の日本学生対校選手権で桐生祥秀(21)=東洋大=が日本勢初の9秒台となる9秒98の日本新記録を樹立したばかりで、2人目の9秒台は惜しくも逃した。

 山県はこの日行われた予選で10秒18(向かい風0・2メートル)、準決勝で10秒20(同0・4メートル)といずれもトップタイムをマーク。決勝で伊東浩司(現日本陸上競技連盟強化委員長)が1998年バンコク・アジア大会で出した前日本記録と並び、昨年のこの大会で出した自己ベストを0秒03更新した。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1328文字)

あわせて読みたい

注目の特集