布橋灌頂会

お浄土への懸け橋 富山・立山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
白装束に身を包み、目隠しをして布橋を渡る女性たち=富山県立山町で2017年9月24日午前11時33分、川平愛撮影
白装束に身を包み、目隠しをして布橋を渡る女性たち=富山県立山町で2017年9月24日午前11時33分、川平愛撮影

 極楽浄土への往生を祈願する儀式「布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)」が24日、富山県立山町芦峅寺(あしくらじ)で開かれ、白装束姿の女性たちが手を合わせながらゆっくりと橋を渡った。

 江戸時代に行われた儀式。明治時代に消滅したが、1996年に地元の実行委員会が再現した。長さ約45メートルの「布橋」には…

この記事は有料記事です。

残り63文字(全文213文字)

あわせて読みたい

ニュース特集