民進党

公認内定の末松氏が離党届 柿沢氏も検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党の松原仁元国家公安委員長(衆院比例東京)は25日午前、党本部に離党届を提出した。東京都の小池百合子知事に近い若狭勝衆院議員や細野豪志元環境相らが近く結成する新党について、松原氏は記者団に「加わる決意だ」と表明した。民進党の前原誠司代表が就任後の離党は5人目。閣僚経験者の離党は初めてで、前原体制にはさらなる打撃となる。

 松原氏は現在6期目で、旧民主党政権時代に国家公安委員長などを歴任。前回衆院選では東京3区で敗れ、比例復活した。今年7月の都議選で民進党が惨敗した責任を取り、党都連会長を辞任していた。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文513文字)

あわせて読みたい