メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎ケーブルTV

原爆投下後を2年かけ放送 米撮影基に

ギャラクシー賞の2年連続受賞を喜ぶ長崎ケーブルメディアの大野プロデューサー=長崎市筑後町で、浅野孝仁撮影

 原爆投下後の長崎を撮影した米国の貴重なカラーフィルム2本(計約11時間半)を基に構成した番組を、長崎市のケーブルテレビ放送局「長崎ケーブルメディア」が約2年間にわたって放送している。「肉親が映っている」といった情報を基に取材を重ね、番組を更新し続けている。地道な取り組みを評価され、優れた放送番組に贈られる「ギャラクシー賞」の部門賞を昨年と今年の2年連続で受賞した。

 番組は2015年11月に放送が始まった「ながさき原爆記録全集」。米海兵隊が原爆投下翌月の1945年9~11月に撮影した約5時間のフィルムを昨年2月まで放送し、続編として昨年3月から今月3日までは、米国の戦略爆撃調査団が45年11月~46年4月に撮影した約6時間半のフィルムを放送した。番組は各回約30分で月1、2本ずつの延べ34回。映像をカットせず全編にわたって流した。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです