メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

挑む高校8冠 ライト級と同ウエルター級で

高校8冠獲得に挑む今永虎雅(左)と荒本一成=奈良県王寺町の王寺工高ボクシング場で21日、来住哲司撮影

 愛媛県で30日開幕する国体のボクシング(10月5~9日、松前公園体育館)で、少年男子ライト級の今永虎雅(たいが、奈良・王寺工高3年)と同ウエルター級の荒本一成(いっせい、同)が高校8冠に挑む。高校3年間で夏の全国高校総体3回、秋の国体3回、春の全国高校選抜2回の計8大会に出場可能だが、2人は既に史上初の高校7冠を果たしており、今大会で「全大会制覇」が懸かる。

 国内で圧倒的な強さを示してきたのが、小学1年生でボクシングを始めた荒本だ。アウトボクシングが得意だ…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ
  2. ヤマト 法人引っ越し過大請求4.8万件 総額17億円
  3. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  4. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  5. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです