メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

挑む高校8冠 ライト級と同ウエルター級で

高校8冠獲得に挑む今永虎雅(左)と荒本一成=奈良県王寺町の王寺工高ボクシング場で21日、来住哲司撮影

 愛媛県で30日開幕する国体のボクシング(10月5~9日、松前公園体育館)で、少年男子ライト級の今永虎雅(たいが、奈良・王寺工高3年)と同ウエルター級の荒本一成(いっせい、同)が高校8冠に挑む。高校3年間で夏の全国高校総体3回、秋の国体3回、春の全国高校選抜2回の計8大会に出場可能だが、2人は既に史上初の高校7冠を果たしており、今大会で「全大会制覇」が懸かる。

 国内で圧倒的な強さを示してきたのが、小学1年生でボクシングを始めた荒本だ。アウトボクシングが得意だ…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文922文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]