メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍

「今世紀、最も北に」B1爆撃機、北朝鮮東方沖飛行

米領グアムのアンダーセン空軍基地で離陸の準備をするB1戦略爆撃機=2017年9月23日、米太平洋軍提供

米国防総省報道官「あらゆる軍事力を使う用意できている」

 【ワシントン会川晴之】米国防総省のホワイト報道官は23日、米領グアムに配備されているB1戦略爆撃機が北朝鮮東方沖の国際空域を飛行したと発表した。発表は、南北の休戦ラインである非武装地帯から「今世紀では最も北の空域を飛行した」としており、「米国本土と同盟国を防衛するため、あらゆる軍事力を使う用意ができている」と北朝鮮を強くけん制した。

     核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮に対し、米国は軍事的圧力を高めている。横須賀を母港とする原子力空母「ロナルド・レーガン」が現在、沖縄周辺海域などで海上自衛隊と共同訓練を実施中。10月には朝鮮半島周辺に展開し、韓国海軍と訓練を実施する予定だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 政府 年金開始、70歳超も選択肢
    2. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
    3. 統一会派 民進と希望、分裂は必至 衆院・岡田氏ら反対
    4. ORICON NEWS 米国移住のピース・綾部に仕事続々 今度はハワイでサッカー大会アンバサダー就任
    5. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]