メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪上空・飛行機

部品落下、走行中の車に けが人なし

部品が飛行中に落下したKLMオランダ航空のボーイング777-200と同型機=福岡空港で2013年4月4日午前7時57分、三村政司撮影

 国土交通省大阪航空局は24日、関西国際空港を23日午前に離陸したアムステルダム行きのKLMオランダ航空868便の部品の一部が大阪市の中心部に落下し、同11時ごろに走行中の乗用車に当たったと発表した。けが人はなかった。同省は重大インシデントと認定。同省運輸安全委員会は航空事故調査官を派遣し、事故原因の調査を始めた。

 航空局などによると、同便は23日午前10時40分に関空を離陸したボーイング777-200型で、乗客乗員計321人。約4000メートルとみられる大阪市上空を飛行中に、右主翼付け根上方の胴体パネル(縦横約1メートル、厚さ約3ミリ、重さ約4.3キロ)が同市北区西天満3の国道1号に落下。道路に跳ね返って走行中の乗用車に当たり、車の屋根や後部の窓ガラスが破損した。運転していた東京都日野市の女性(51)ら2…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関ジャニ∞大倉忠義さん、新型コロナ感染 他のメンバーは全員陰性

  2. TOKIO 会見詳報(4)「悪いのは酒ではなく、彼」

  3. 山口達也容疑者「酒残っている感覚あった。事故起こせば逮捕されると思った」

  4. TOKIO 会見詳報(5)「なぜ一言もなかったのか」

  5. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです