メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「幻」の古浄瑠璃本

ゆかりの新潟県柏崎市で上演

新潟県中越沖地震復興10年とロンドン公演開催を記念して、ゆかりの地・新潟県柏崎市で上演された「弘知法印御伝記」の一場面=2017年9月24日、中澤雄大撮影

 江戸時代の元禄年間に海外へ持ち出され、ロンドンの大英図書館に1冊だけ残る「幻」の古浄瑠璃本「越後国柏崎 弘知法印御伝記(こうちほういんごでんき)」が24日、ゆかりの地・新潟県柏崎市で上演された。今年6月のロンドン凱旋(がいせん)公演と、2007年に柏崎を襲った同県中越沖地震から復興10年を迎えた節目を記念して企画された。

 長年、大英博物館で埋もれていた「御伝記」を55年前に発見した鳥越文蔵・早大名誉教授(89)とともに、公演の実現に尽力した日本文学研究者のドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授(95)は「とても素晴らしいです」と感激していた。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです