メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 スポーツのあきです。3年後ねんごせまった東京とうきょうオリンピックでは、フリークライミング、野球やきゅう・ソフトボール、空手からて、スケートボード、サーフィンの5競技きょうぎあたらしい種目しゅもくまりました。でも、ほかにもさまざまなスポーツがあります。最近話題さいきんわだいのスポーツを紹介しょうかいします。初回しょかいは、綱渡つなわたりにたスポーツ「スラックライン」です。【浅川淑子あさかわよしこ

    綱渡つなわたり”でからだ軸鍛じくきたえる

     「スラック」は、英語えいごで「たわむ、ゆるむ」という意味いみがあります。はば5センチメートルのゴムじょうのベルト「ライン」を、ながやく3メートル、たかさ30~50センチメートルの専用せんようラックにったり、屋外おくがいあいだ固定こていしたりしてたのしむのが一般的いっぱんてき。ラインのうえ複雑ふくざつなポーズをとったり、ジャンプや宙返ちゅうがえり、回転かいてんなどに挑戦ちょうせんしたりし、わざむずかしさやわせ、創造性そうぞうせいなどでことなる得点とくてんきそうことがおおいです。からだじくきたえる練習れんしゅうになると、スポーツ施設しせつなどからひろまりました。

     17、18にちにはアジアではじめてのワールドカップが長野県小布施町ながのけんおぶせまちひらかれました。小学生しょうがくせいにんふくめ、世界せかい8かこくから9~34さい選手せんしゅ23にん出場しゅつじょうしました。会場かいじょうおとずれると、競技きょうぎげる音楽おんがくがかかるなか選手せんしゅしたいたマットからやく160センチメートルのたかさに固定こていされたラインを両手りょうてでつかんでジャンプ。ラインのうえってバランスをとると、1分半ぷんはん時間じかんで、ラインが上下じょうげにバウンドするほどおおきなジャンプをしたり、何度なんど宙返ちゅうがえりをしたりし、次々つぎつぎわざめていきました。

    年齢問ねんれいとわず挑戦ちょうせん可能かのう

     ワールドカップの出場選手しゅつじょうせんしゅに、練習方法れんしゅうほうほうきました。埼玉県和光市さいたまけんわこうし小学しょうがくねん佐々木燈ささきあかり選手せんしゅは、「ひざをげ、げて、ゆっくりすすむのがこつ。ラインのうえあしをクロスする『サイドブッダ』などができるように、器械体操きかいたいそうならっています」。長野県小布施町ながのけんおぶせまち高校こうこうねん中村侑我なかむらゆうが選手せんしゅは「むずかしいわざができるようになるとたのしい。おおいときは1にち3~5時間練習じかんれんしゅうした。わざ外国人選手がいこくじんせんしゅ動画どうがおぼえます」とおしえてくれました。

     大会たいかい優勝ゆうしょうした愛知県あいちけん高校こうこうねん細谷樹ほそえいつき選手せんしゅは「自分じぶんのスタイルをつくってたのしむのが一番いちばん高校こうこう卒業そつぎょうしたらアメリカで練習れんしゅうしたい」とはなしました。大会実行委員長たいかいじっこういいんちょう林映寿はやしえいじゅさんは「観客かんきゃく拍手はくしゅ選手せんしゅのやるがり、予想よそうしないわざることもある。会場全体かいじょうぜんたいたのしめるのが魅力みりょくです」といます。

    ゆめはオリンピック

     小布施町おぶせまち浄光じょうこうふく住職じゅうしょくでもあるはやしさんは2012ねん長野県内ながのけんないのスキーじょうはじめてスラックラインに出合であいました。当時とうじ国内こくないでの練習場所れんしゅうばしょすくなく、「どもから大人おとなまでたのしんでもらい、小布施おぶせからスラックラインを発信はっしんしてオリンピック競技きょうぎにしたい」と13ねん境内けいだい一画いっかくに「スラックラインパーク」をひらきました。ここでは、息子むすこ小学しょうがくねん映心えいしんさんらワールドカップの出場選手しゅつじょうせんしゅ誕生たんじょうしています。インストラクターの林亜紀はやしあきさんは、「スラックラインをやるとからだじくきたえられ、ほかのスポーツもすんなりできるようになります」とはなしていました。=つづく

    あれやこれや

     ■はじまりは登山家とざんかあそ

     スラックラインは1960年代ねんだいにアメリカのヨセミテで、登山家とざんかたちがあいだにロープをってあそはじめたのがはじまりだとされます。2007ねんにドイツの会社かいしゃ固定こていしやすいラインを発売はつばいしたことで、ヨーロッパを中心ちゅうしんしたしまれるようになり、世界中せかいじゅうひろまりました。

     世界せかいスラックライン連盟れんめい設立せつりつは2011ねん日本にっぽんでは、日本にっぽんスラックライン連盟公認れんめいこうにんのインストラクター100人以上にんいじょうが、全国ぜんこく幼稚園ようちえん児童館じどうかん、スポーツジム、大学だいがくなどでおしえています。スラックラインの国際組織こくさいそしきISIによる現在げんざい世界せかいランキング1は、長野県小布施町ながのけんおぶせまち高校こうこうねん木下晴稀きのしたはるき選手せんしゅ高校卒業後こうこうそつぎょうごはプロのみちすすむことがまっています。

     ■場所ばしょ安全対策あんぜんたいさく注意ちゅうい

     スラックラインを屋外おくがい使つか場合ばあいは、設置せっちする場所ばしょ方法ほうほう注意ちゅうい必要ひつようです。日本にっぽんスラックライン連盟れんめいは、▽許可きょか公園こうえんあそぶ▽ラインを設置せっちしたままそのはなれない▽高度こうどわざ練習れんしゅうするときはマットを使つかう--などと安全基準あんぜんきじゅんさだめたガイドラインをホームページじょう公開こうかいしています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長崎県警 巡査4日間失踪 スマホ課金で悩み「親が怒る」
    2. BPO ニュース女子に「重大な放送倫理違反」意見書
    3. 調停 俳優の船越さんと松居さんが離婚
    4. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
    5. 特集ワイド 止まらぬ政治家の放言・暴言を考える 低くなった「差別のハードル」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]