メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ヨーロッパでは縦列駐車時にバンパーをぶつけるのが当たり前ってホント?

情報提供:カートップ

フランスやイタリアでは本当にバンパーで他車を押す

 よく聞くのが「ヨーロッパでは路駐で縦列するときに他車をぶつけて止める」という噂。とくにフランスとイタリアでは当たり前というのだが……確かにそうやって止めているのは事実だ。ちょっとしたキズでも大騒ぎの日本人からすれば、実際に目の当たりにすると、軽いショックすら覚えるほどだ。

 どうしてぶつけるのかというと、理由は単純明解。路駐のスペースを作るため。勢いつけてガツンガツンはしないが、頭を入れたら、軽くゴンとぶつけて前のクルマを押す。そしてなんとかねじ込みつつ、後ろのクルマも押して駐車する。これに対応するために、シフトは入れて(MTがほとんどなので)、サイドは引かないのが流儀だ。

  

 とはいえ、ぶつけられるのは気分はよくないと思うのだが、実際に現地で聞いたところによると「バンパーはぶつけるためにある。だからバンパーというんだし」という答えが返ってきたし、「日本でそんなことしたら、事故扱いだ」と言い返したら、「おかしい」のひと言で終わってしまったほど。

 確かにそう考えると、バンパーは訳せば衝撃バーで、別に飾りで付いているわけではないとも言えるかも。日本人にはやるにはもちろん、そんな考え方持つこと自体が絶対にありえない。

 そもそも、路駐だらけなのがヨーロッパ。時間貸し駐車場もあるにはあるが、かなり探さないとない。また路駐は違反となるエリアもあるが、ほとんどは違法でなかったりする。これも聞くと「クルマは道路を走るものだから、道路に止めるのも当たり前。そうじゃなかったら不便だろう」とのこと。

 クルマ文化が成熟しているというか、なんというか。ちなみにスマートは小さいので、縦列駐車のクルマの間に縦に止めているのを見るし、歩道に植わっている街路樹と街路樹の間に止めてあったりする。合理的な考え方なのだろうか。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです