メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOT!!プロ野球

西武の新人・平井、ハツラツ好救援 ドラフト5位、防御率1.91

救援登板で力投する西武の平井

 西武のドラフト5位、ルーキーが中継ぎとして奮闘している。平井克典投手(25)は今季40試合目の登板となった24日のオリックス戦も好救援した。大学まで無名だった右腕はシーズン終盤まで救援陣の一角で活躍し「あまり想像していない姿だった。やりがいがある」と目を輝かせる。

 スリークオーターから140キロ台中盤の直球にスライダーやシュートなどを織り交ぜ、思い切りの良い投球をする。初登板は5月27日の楽天戦。4番手として1回を無失点に抑え、7月6日の日本ハム戦では2番手で投げ初勝利を挙げた。

 愛知県出身で静岡・飛龍高から愛知産業大を経て、ホンダ鈴鹿に進んだ。社会人になって上手からスリークオーターに変えたことでスライダーのキレが増すなど投球の幅が広がり、飛躍のきっかけをつかんだ。3年目の昨年はイメージ通りの投球ができるようになり、エースとして都市対抗野球に初登板を果たし8強入りに貢献、プロへの道筋を作った。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです