公正証書遺言

「確実」で人気 有料でも200万件突破

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 確実な相続が実現するよう、公証人が作成する「公正証書遺言」の利用者が増えている。日本公証人連合会(日公連)によると、全国の公証役場で作成され、データベースに登録(1989年に開始)された公正証書遺言の累計件数は今年、初めて200万件を突破した。

 本人自筆の「自筆証書遺言」には費用はかからないが、本人の死後に有効性を巡って争いが起こったり、紛失したりするリスクがある。これに対し、公正証書遺言は手数料こそかかるものの、法律のプロである公証人が本人の意向に沿って作成するため、有効性が保証される。公証役場に保管されるため、紛失の恐れもない。

 日公連は、相続人などの問い合わせに応じ公正証書遺言の有無や保管先を回答できるよう、89年から作成した遺言のデータベース登録を進めている。登録件数は当初年間5万件程度だったが、2014年以降、年間10万件に達するなど利用者が増加。今年8月に累計200万件に達し、同月末現在で201万2939件になっている。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文935文字)

あわせて読みたい

注目の特集