メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・母校をたずねる

栃木県立宇都宮女子高/7止 卒業生、それぞれの思い出 /東京

校長室などには宇都宮女子高の「指標」が書かれた額があり、「自主創造」などの言葉が並ぶ=野田樹撮影

 8月から2カ月にわたって連載してきた「母校をたずねる」栃木県立宇都宮女子高編。紙面と毎日新聞ニュースサイトで募集した「私の思い出」に、多くの卒業生の方々からご投稿をいただきました。最終回の今回、その一部をご紹介します。

放任、信頼されている実感 NPO法人勤務、西岡一美さん(54)=1980年度卒、西東京市

 私が通っていた当時は「宇女(うじょ)高卒業生を嫁にもらうな」といわれるほど、良妻賢母教育とはほど遠い、女子でも自分のやりたいことを追求させてもらえる、風通しの良い雰囲気の学校でした。放任してくれることで、信頼されている実感を持てた若い私たちは、どんどん突っ走って行けました。

 私は放送部で番組制作をしていましたが、ある時、どうしても締め切りに間に合わず、夜遅くまで残らせてほ…

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2596文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. おっさんずラブ 田中圭&林遣都&吉田鋼太郎が「徹子の部屋」に 徹子のムチャぶりでラブバトル!?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです