小池都知事

希望の党結成、代表就任 「裏切られた」 公明反発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 小池百合子都知事が「希望の党」代表に就くと表明したことに対し、「都政への専念」を求めていた公明党が反発している。公明党は7月の都議選で、小池氏が率いる「都民ファーストの会」と連携し、知事与党の立場。国政での自公連立と、都政の知事与党の「使い分け」への影響は避けられない。都議会での連携解消の可能性も出てきた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文600文字)

あわせて読みたい