イラク

クルド独立、賛成多数か 北部で住民投票を強行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
クルド自治政府の独立の是非を問う住民投票で1票を投じる女性=イラク北部キルクークで25日、ロイター
クルド自治政府の独立の是非を問う住民投票で1票を投じる女性=イラク北部キルクークで25日、ロイター

 【アルビル(イラク北部)篠田航一】イラク北部のクルド自治政府は25日、イラクからの分離・独立の是非を問う住民投票を実施、地元メディアは同日夜(日本時間26日未明)、賛成票が多数を占める見通しと伝えた。イラクやトルコ、イランなどに推定約3000万人が分散して居住し、「国家なき最大の民族」と称されるクルド人にとって独立は悲願で、国家樹立への強固な民意を内外に示す形となる。

 投票結果に法的拘束力はないが、バルザニ議長は24日、独立に向けた交渉を「2年ほどかけて続ける」とイラク中央政府と協議する意向を示した。国家分裂を懸念するイラクのアバディ首相は「投票は憲法違反」として結果を認めない方針。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文637文字)

あわせて読みたい

注目の特集