メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

ツイッター、くすぶる不満 適否判断、見えぬ基準

差別的投稿への監視や即時削除を求めて抗議する人々=東京都中央区京橋のツイッタージャパン本社前で、松崎進撮影

 <net watch>

差別的投稿放置/理由明かさずアカウント凍結

 代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である「ツイッター」の運営方法に疑問の声が上がっている。「差別的な投稿が放置されている」と批判される一方、理由も明示せず個人のアカウントを凍結する。「情報インフラ」と言われるまでに成長したサービスだが、投稿内容の適否の判断がブラックボックス視され、「政府の圧力があったのでは」との陰謀論すら出回る始末だ。【川崎桂吾】

 「差別ツイート 野放しやめて」--。東京都中央区のツイッタージャパン前に今月8日、プラカードを持つ…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1134文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです