メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

ツイッター、くすぶる不満 適否判断、見えぬ基準

差別的投稿への監視や即時削除を求めて抗議する人々=東京都中央区京橋のツイッタージャパン本社前で、松崎進撮影

 <net watch>

差別的投稿放置/理由明かさずアカウント凍結

 代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である「ツイッター」の運営方法に疑問の声が上がっている。「差別的な投稿が放置されている」と批判される一方、理由も明示せず個人のアカウントを凍結する。「情報インフラ」と言われるまでに成長したサービスだが、投稿内容の適否の判断がブラックボックス視され、「政府の圧力があったのでは」との陰謀論すら出回る始末だ。【川崎桂吾】

 「差別ツイート 野放しやめて」--。東京都中央区のツイッタージャパン前に今月8日、プラカードを持つ…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです