メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

組市松紋、多彩に変化 機運高める新デザイン

グラフィックデザインをあしらったTシャツを着てアピールする選手。田中理恵さん(左)と高田千明

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、大会エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」を基に、花火をイメージした新たなグラフィックデザインを発表した。来月28日に迎える大会1000日前に向け、横断幕やのぼりなどに使用して大会機運を高めるのが狙い。

 グラフィックは全部で5種類。いずれもエンブレムをかたどる45個の四角形を再構成して制作した。藍色1色…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです