連載

デジタルで学ぼう

毎日新聞デジタルの「デジタルで学ぼう」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

デジタルで学ぼう

教科書の文章、意味わかる? 国立情報学研究所など測定法開発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
埼玉県戸田市立戸田第一小学校でリーディングスキルテストを受ける児童ら=9月22日、同市提供
埼玉県戸田市立戸田第一小学校でリーディングスキルテストを受ける児童ら=9月22日、同市提供

 子供たちは、教科書の文章をどのくらい正確に読めているのか--。国立情報学研究所の新井紀子教授(数学専攻)らの研究グループが9月、児童・生徒らの読解力を科学的に測定する「リーディングスキルテスト(RST)」を開発したと発表した。「係り受け」の理解などについて問題文を作成し、小中高生、大学生、社会人まで幅広く解答してもらったところ、理解の程度を測るテストとして有効だったという。文部科学省が2019年度から実施予定の「高校生のための学びの基礎診断」の測定ツールとして認定を目指す。

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1788文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集