安倍首相

解散表明(その1) 「小池劇場」国政でも 新党代表に就任、「都民にプラス」強弁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国政政党「希望の党」の設立と代表就任を表明し、党名の書かれたボードを笑顔で掲げる小池都知事=都庁で25日午後3時2分、西本勝撮影
国政政党「希望の党」の設立と代表就任を表明し、党名の書かれたボードを笑顔で掲げる小池都知事=都庁で25日午後3時2分、西本勝撮影

 北朝鮮情勢が緊迫する今、なぜ「政治空白」をつくるのか。都政の課題が山積する中、どうして首都のトップが国政に挑むのか--。25日夕、安倍晋三首相が衆院解散を表明し、これに先立ち、東京都の小池百合子知事が国政政党の設立を発表した。記者会見でそれぞれの持論を展開するリーダーたちの姿に、有権者からは疑問の声が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1809文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい