1票の格差

提訴へ 全選挙区、衆院選投開票翌日に 弁護士ら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国政選挙の「1票の格差」を巡り、選挙無効訴訟を起こし続けている升永英俊弁護士のグループは25日、次期衆院選についても投開票日翌日に無効を求めて提訴すると発表した。全289小選挙区に原告を立て、14高裁・高裁支部に一斉提訴する。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文483文字)

あわせて読みたい