オウム真理教

分派観察、違法 ひかりの輪「アレフと別団体」 東京地裁判決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2015年に団体規制法に基づく観察処分の更新決定をしたのは不当として、オウム真理教の後継団体主流派「アレフ」と、07年に分派した「ひかりの輪」が、それぞれ決定の取り消しなどを国に求めた訴訟の判決で、東京地裁(林俊之裁判長)は25日、ひかりの輪の更新決定を違法と認め、取り消した。アレフについては請求を棄却した。

 林裁判長は「ひかりの輪が教祖の松本智津夫死刑囚に対する絶対的帰依を否定する一方、逆にアレフは帰依を深めている。両者は性格が相当に異なり、一つの団体とは見なせない」とした。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1562文字)

あわせて読みたい

注目の特集