メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演奏会

合唱で介助犬応援 募金で育成支援 兵庫・西宮

昨年開催の第61定期演奏会で、壇上で支援の花籠を受け渡される介助犬のPR犬=西宮混声合唱団提供

 身体障害者補助犬法(補助犬法)の施行から15年を迎える来月1日、合唱団「西宮混声合唱団」(愛称・にしこん)は兵庫県西宮市民会館アミティホール(西宮市六湛寺町)で第62回定期演奏会を開催する。合唱団は全国的にも珍しい介助犬育成団体への支援を続けており、「演奏会を楽しみながら補助犬への理解も深めて」と来場を呼びかけている。【高尾具成】

 「にしこん」は、過去に指導にあたった指揮者らの提唱で補助犬への支援を始めた。補助犬法成立前年の2001年からは定期演奏会とあわせて募金への協力を呼びかけるなどし、大阪の募金団体を通じて奈良の補助犬育成団体を支援。13年からは地元・西宮市内で介助犬の育成や啓発活動を続けるNPO法人「兵庫介助犬協会」に託してきた。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです