メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

「甲斐犬の神髄」満載 飼育70年経験まとめ 甲府

甲斐犬(左)の魅力や特徴などを本にまとめた雨宮精二さん=甲府市上阿原町で、松本光樹撮影

 国の天然記念物にも指定されている「甲斐犬」の飼育に70年以上携わってきた甲府市上阿原町の雨宮精二さん(79)が、甲斐犬の特徴や魅力、自らの経験をまとめた「甲斐犬の神髄、ここにあり。」(和器出版)を出版した。通販サイト「犬」分野で1位を獲得するなど好評だ。

 甲斐犬は1934年に国の天然記念物に指定された中型犬。日本犬では秋田犬に続き2番目の登録だった。「赤虎毛」や「黒虎毛」、中間色の「中虎毛」など、虎模様の毛が特徴。野性味があふれ、「一世一主」と言われるほど飼い主に忠実な特徴がある。雨宮さんいわく「ひとさまにはしっぽを振らない野武士のような性格。自分と通ずるところがある」。

 雨宮さんによると、甲斐犬のルーツは甲府盆地などで猟犬として飼われてきた「ブチ毛」で、昭和初期には甲府市内の旧甲州街道沿いで番犬としての役割も果たしていたという。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです