メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公正証書遺言

「確実」で人気 有料でも200万件突破

 確実な相続が実現するよう、公証人が作成する「公正証書遺言」の利用者が増えている。日本公証人連合会(日公連)によると、全国の公証役場で作成され、データベースに登録(1989年に開始)された公正証書遺言の累計件数は今年、初めて200万件を突破した。

 本人自筆の「自筆証書遺言」には費用はかからないが、本人の死後に有効性を巡って争いが起こったり、紛失したりするリスクがある。これに対し、公正証書遺言は手数料こそかかるものの、法律のプロである公証人が本人の意向に沿って作成するため、有効性が保証される。公証役場に保管されるため、紛失の恐れもない。

 日公連は、相続人などの問い合わせに応じ公正証書遺言の有無や保管先を回答できるよう、89年から作成し…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです