衆院選

自公幹事長ら「厳しい戦いに」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の二階俊博幹事長、公明党の井上義久幹事長ら両党幹部は27日午前、東京都内のホテルで28日の衆院解散・総選挙への対応を協議し、希望の党結成で「厳しい戦いになる」との認識で一致した。衆院選を「政権選択の選挙」と位置づけ、自公両党で過半数の確保を目指すことで合意した。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文338文字)

あわせて読みたい