メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐつなぐ

文学座80周年/9 渡辺徹 挑戦できる空気守りたい

文学座について語る渡辺徹=丸山博撮影

 <付属演劇研究所入所が1980年。以来、ジャンルを超えて活躍する渡辺徹が、10月本公演で別役実の「鼻」(鵜山仁演出)に挑む。初の別役作品>

 普通に大学に行くつもりでしたが、高校では生徒会の活動をしていたこともあり、みんなで何かを作ることがやりたいという気持ちが頭をもたげてきました。地元のアマチュア劇団で芝居をやっていたこともあり、演劇は自分がやりたいことに合っているかもしれないと思いました。その頃、プロになるなら“演劇界の東大”といわれる文学座があると聞き、初めてその存在を知りましたが、ちょうど別役さんの「にしむくさむらい」の舞台中継をテレビで見たんです。衝撃を受けて、是が非でも文学座でこういう芝居がやりたいな、と。三十数年あがいてきて、このタイミングで別役さんのところに戻るのがうれしいですね。

 <研究所2年目でテレビドラマ「太陽にほえろ!」のラガー刑事役でデビューした>

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです