メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「毎日書道展」の東北山形展 来月18日に開幕 /福島

[PR]

 国内最大の総合書展「第69回毎日書道展」の東北山形展(実行委員長・植田清寛)を10月18日から22日まで、山形市の山形美術館で開催します。期間中、秋田、福島、山形3県の入賞・入選者と役員作家らによる、伝統の書から現代書までの約850点を展示します。多くの方のご来場をお待ちしています。

 <会期>10月18日(水)~22日(日)

 <会場>山形美術館(山形市大手町1の63)

 <入場時間>午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)

 <陳列作品>毎日書道展役員、文部科学大臣賞作家、入賞(会員・毎日・秀作・佳作・U23奨励の各賞)および入選作

 <イベント>10月18日の開会式(午前10時・山形美術館)終了後に、毎日書道会理事の船本芳雲さん、室井玄聳さんによる席上揮毫(きごう)とギャラリートーク▽10月21日(土)午後1時半から、秋田県立大曲高校書道部による書道パフォーマンス▽10月21日(土)午前11時~正午と、22日(日)午前11時~正午、午後1時半~2時半の計3回、受賞者による席上揮毫。

 <入場料>一般600円、大学生400円、高校生以下は無料(美術館の常設展示も観覧可能です)。

 <主催>毎日新聞社、一般財団法人毎日書道会

 <後援>秋田県、福島県、山形県、山形市、山形県教育委員会、山形市教育委員会、山形県芸術文化協会、山形市芸術文化協会、山形新聞・山形放送、NHK山形放送局、テレビユー山形、山形テレビ、さくらんぼテレビ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです