メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

いわて・三陸けせん希望ストリート2017 特産品を販売、語り部が報告 来月7~9日、東京・有楽町 /東京

 復興への感謝をこめて--。岩手県沿岸南部「気仙地方」の2市1町が10月7~9日、東京都千代田区有楽町で「いわて・三陸けせん希望ストリート2017」を開きます=写真はポスター。この地方の特産品を都心で紹介し、販路を広げることで東日本大震災からの復興を進めようと、12年から毎年実施しています。今回で6回目です。

     同県の大船渡市、陸前高田市、住田町内の40事業者が参加し、水産・畜産・農産加工品を販売します。会期中、「おおふなトン」など2市1町のゆるキャラも登場。会場内のステージでは、震災の「語り部」として活動している陸前高田市観光物産協会副会長の実吉(みよし)義正さんが、復興の現状や課題を報告します。

     東日本大震災から6年半。人々の関心が薄れつつあることも指摘されています。事業を主管する大船渡商工会議所は、多くの来場を呼びかけています。

     <日時>10月7(土)~9日(月・祝)。7日=午後1~7時▽8日=午前10時~午後7時▽9日=午前10時~午後5時<語り部>7日=午後2時、5時半▽8日=午前10時半、午後2回(7日と同じ)▽9日=午前10時半、午後2時<場所>有楽町駅前広場

     主催 大船渡商工会議所/後援 復興庁、毎日新聞社など

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 児童虐待 2歳男児をゴミ袋に入れて放置 同居の男再逮捕
    3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
    5. 元配達員 配達先の少女暴行 強制性交等罪で起訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]