メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ

合法化反対訴え 大阪で弁護士らシンポ /大阪

カジノの問題点について話す大阪弁護士会のプロジェクトチームメンバー=大阪市北区で、亀田早苗撮影

 カジノ解禁に向けた「統合型リゾート(IR)実施法案」の議論が進む中、カジノ反対の立場からシンポジウムなどが大阪市内で開かれ、弁護士や多重債務問題に取り組む市民らが参加した。

 大阪市北区では、シンポジウム「カジノ実施法の制定阻止に向けて」(大阪弁護士会主催)が開かれた。

 日弁連カジノ・ギャンブル問題検討ワーキンググループ委員の吉田哲也弁護士(兵庫県弁護士会)が「IR型カジノの内容と問題点」を講演。ギャンブル依存について、「ギャンブル大国日本」では依存症が疑われる人が約500万人という数字などを挙げ「依存症対策はカジノと切り離して考えるべき社会問題。依存症患者発生がわかっていながらカジノを合法化し、『上がり』で対策をするのはマッチポンプ的で間違っている」と訴えた。

 また、実施法案策定に向けて、有識者の「特定複合観光施設区域整備推進会議」がカジノ規制などを議論し、7月に出した「取りまとめ」を、大阪弁護士会のプロジェクトチームが検討して報告した。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです