特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

県2次予選 8校対戦相手決まる 30日開幕 上位2校、近畿大会へ /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋季近畿地区高校野球大会和歌山県2次予選の組み合わせ 拡大
秋季近畿地区高校野球大会和歌山県2次予選の組み合わせ

 秋季近畿地区高校野球大会県2次予選(県高野連主催)の抽選会が26日、和歌山市の和歌山商高であり、出場8校の組み合わせが決まった。県下新人戦4強の箕島、智弁和歌山、和歌山東、星林と、県1次予選4強の和歌山南陵、近大新宮、高野山、日高中津が出場し、同市の県営紀三井寺球場で30日に開幕する。

 今夏の甲子園に出場した智弁和歌山の文元洸成主将(2年)は「来春のセンバツ出場に向け、守りでリズムをつくって勝ち上がりたい」と意気込み、対戦相手で創部2年目の和歌山南陵の蔵屋義経主将(2年)は「智弁和歌山との対戦は4回目だが、1勝もできていないので絶対に勝ちたい」と話した。

 大会の上位2校は、10月21日から大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで行われる秋季近畿地区大会に出場する。2府4県の16チームで争われ、センバツ出場校選考の重要な資料となる。【木原真希】

次に読みたい

あわせて読みたい