メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院

あす解散へ 選管大わらわ 七つ道具発注業者と調整 平戸市はトリプル選の可能性 /長崎

衆院選に向けた事務作業などに追われる県選管職員衆院選に向けた事務作業などに追われる県選管職員

 安倍晋三首相は28日、衆院を解散する。衆院選は「10月10日公示-22日投開票」となる見通しで、投開票日が市長選や市議選と重なる自治体では、投開票事務に携わる人員の確保などに追われる。ただ、衆院選の日程は正式には確定しておらず、各地の選管では「作業が進められない」との困惑も広がる。【峰下喜之、加藤小夜】

 県選管は今月中旬、臨時国会冒頭での衆院解散の見通しが報じられると、街頭演説用腕章などの「七つ道具」…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです