連載

余録

毎日新聞朝刊1面の看板コラム「余録」。▲で段落を区切り、日々の出来事・ニュースを多彩に切り取ります。

連載一覧

余録

「ファフロッキーズ」という言葉がある…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「ファフロッキーズ」という言葉がある。空から降るはずのないものが落ちてくる超常現象で、「falls from the skies」の略という。古今東西、魚、カエル、木の実、小石、金属などが降った記録がある▲空から落ちてきた亀に頭を直撃されて死んだと伝えられるのが古代ギリシャの悲劇詩人アイスキュロスである。亀を岩に落として割って食べるヒゲワシの仕業らしく、はげ頭を岩と間違えたというが、むろん真偽の程はうけあえない▲この手の伝説には尾ひれがつくもので、落下物による死を予言されたアイスキュロスが、難を逃れようと頭上に何もない原っぱにいて奇禍(きか)にあったともいわれる。なるほど空からいきなり降ってくるものは人の力では避けようがない▲だからその時近くにいた人々はもちろん、ニュースを聞いただけの人も肝を冷やした先日の旅客機からのパネル落下事故である。大阪市内を走行中の車が破損したこの事故で、けが人がなかったのは単に運がよかったというしかない▲たまたまこの日は高知県の山中で大型ヘリが運搬中の計2・7トンの石材を誤って地上に降らせた事故もあったから、ファフロッキーズの日だったか。だが実は航空機の部品の落下や紛失については決して珍しい出来事ではないという▲山中や海上で人知れず起こっていた部品落下の危うさを教えた大阪の事故だった。羽田の発着枠拡大で東京都心上空の飛行も始まろうという今、住民の不安に応えるファフロッキーズ対策が欠かせない。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集