メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

息づく「助け合い」 ボランティア大集結

被災者に笑顔でハンバーガーを渡すコウセピシオン・サンチェスさん(右)=メキシコ市で2017年9月24日、山本太一撮影

 【メキシコ市・山本太一】メキシコ中部で19日に起きたマグニチュード(M)7・1の地震の被災地では、多くの市民がボランティアに参加している。1万人以上が死亡した1985年のメキシコ大地震での経験を踏まえ、メキシコ市では飲食や物品の配給だけでなく、行方不明者の家族を精神的に支えるサービスを提供していた。

 メキシコ市では今回の地震で約190人が犠牲になった。市中心部のローマ地区では壁や窓が壊れ、規制線が張られた飲食店ビルやマンションが目立つ。ロザリア・ラミレスさん(44)は地震発生から数時間後、自宅近くの交差点にテントを設け飲料水の配布を開始。今は、市民から寄付された材料でハンバーガーやサンドイッチなどを調理し、約20人の有志が24時間態勢で被災者やボランティアらに提供している。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです