連載

街角から

海外特派員がそれぞれの赴任先の「街角」で感じたことを届けるコラム。

連載一覧

街角から

積み重ね アジア総局・西脇真一

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 圧倒的な経済力を誇る中国の主導でメコン川の水運開発計画が進むタイ。岩礁を爆破して浅瀬をしゅんせつするなど、強引ともいえる「中国式開発」の印象を聞くと、地元観光業の男性が答えた。「昔は日本も同じだったでしょ」

 高度経済成長期に日本は盛んに海外進出したが、反発も買った。1974年に田中角栄首相がバンコクを訪問した際には反日デモが起き、当時の毎日新聞は「宿舎に群衆、五千人 口々に“経済侵略”非難」と伝えた。

 2013年まで特派員として勤務したソウルでは、東南アジアでの韓国人ビジネスマンのマナーの悪さが話題になった。だが、日本のある商社幹部は「同じです。私たちもいろいろ言われながら、やってきたのです」と話した。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文550文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集