メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

保育士の声生かした絵本 「わたしは だあれ?」出版

13冊の試作本を経て完成した絵本「わたしは だあれ?」を刊行した松本聡美さん(右)、後路好章さん(中央)、渡辺智子さん

 保育士らの意見をもとに作られた年少~年中向け絵本「わたしは だあれ?」(KADOKAWA、1026円)が7月、出版された。

 編集者で「赤ちゃん絵本研究会」代表の後路好章さん(77)が全体の構成を考え、イラストレーターの渡辺智子さん(56)による優しい色合いの鉛筆画に、児童文学作家の松本聡美さん(69)が「だあれ? だあれ? わたしはだあれ?」とリズミカルな文章をつけた。

 絵本制作のきっかけは、アヒルやウサギ、オオカミ、クマが一列に並んでお互いを目隠ししている様子を描い…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文632文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]