メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
本はともだち

保育士の声生かした絵本 「わたしは だあれ?」出版

13冊の試作本を経て完成した絵本「わたしは だあれ?」を刊行した松本聡美さん(右)、後路好章さん(中央)、渡辺智子さん

 保育士らの意見をもとに作られた年少~年中向け絵本「わたしは だあれ?」(KADOKAWA、1026円)が7月、出版された。

 編集者で「赤ちゃん絵本研究会」代表の後路好章さん(77)が全体の構成を考え、イラストレーターの渡辺智子さん(56)による優しい色合いの鉛筆画に、児童文学作家の松本聡美さん(69)が「だあれ? だあれ? わたしはだあれ?」とリズミカルな文章をつけた。

 絵本制作のきっかけは、アヒルやウサギ、オオカミ、クマが一列に並んでお互いを目隠ししている様子を描い…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文632文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです