メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

保育士の声生かした絵本 「わたしは だあれ?」出版

13冊の試作本を経て完成した絵本「わたしは だあれ?」を刊行した松本聡美さん(右)、後路好章さん(中央)、渡辺智子さん

 保育士らの意見をもとに作られた年少~年中向け絵本「わたしは だあれ?」(KADOKAWA、1026円)が7月、出版された。

 編集者で「赤ちゃん絵本研究会」代表の後路好章さん(77)が全体の構成を考え、イラストレーターの渡辺智子さん(56)による優しい色合いの鉛筆画に、児童文学作家の松本聡美さん(69)が「だあれ? だあれ? わたしはだあれ?」とリズミカルな文章をつけた。

 絵本制作のきっかけは、アヒルやウサギ、オオカミ、クマが一列に並んでお互いを目隠ししている様子を描い…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 改元 元号公表「即位後に」 保守系議員、政府方針に異論
  4. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  5. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです