メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

20年五輪に向け「都市セキュリティ・セミナー」

 毎日新聞社は、「都市セキュリティ・セミナー」を開催します。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京の安全・安心をいかに作り上げていくかを考える5回シリーズの2回目で、情報セキュリティー、サイバーテロ対策がメインテーマ。

     第1部基調講演では、小池百合子東京都知事と、サイバー・セキュリティーに対し先駆的に取り組む英国から招く講師が、それぞれ「2020年に向けた東京の街づくり」「世界のサイバー・セキュリティの潮流」と題し講演します。第2部のパネルディスカッションは、今井勝典・東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会警備局長、山内智生・内閣サイバーセキュリティセンター内閣参事官、名和利男・サイバーディフェンス研究所専務理事、藤川春久・セコムトラストシステムズ取締役常務執行役員、岡田昭広・富士通グローバルサイバーセキュリティ部門シニアフェローの専門家5人が参加。「2020年に向けた東京の街~サイバー・セキュリティの強化」と題し議論します。コーディネーターは河本志朗・日大危機管理学部教授。

     <日時>10月10日(火)14時から17時30分(開場13時30分)<会場>イイノホール(東京都千代田区内幸町2の1の1)<定員>500人、参加費無料。参加申し込みは、インターネットhttps://www.mainichi-ks.jp/form/security2017よりご登録ください。問い合わせ電話03・6265・6813(平日10~17時)

     主催 毎日新聞社/後援 警察庁、警視庁、公益財団法人公共政策調査会/協力 セコム、大和ハウス工業、東京海上日動、富士通

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    2. 東山動植物園 雄のコアラ死ぬ…9日に続き 雄は1頭に
    3. 傷害致死 疑いで男2人逮捕 職場同僚の体内に空気注入
    4. 東日本大震災 「つらくても伝える」大川小生存の18歳
    5. 火災 風俗店から出火4人死亡 男女8人重軽傷 さいたま

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]