特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 渡辺明竜王-稲葉陽八段 第17局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

久々の大阪

 4回戦の第2局。3回戦で抜け番だった豊島将之八段が、この4回戦で佐藤康光九段を降して全勝をキープしている。すでに全勝は豊島1人。A級1年生の新鋭がレースを引っ張る。

 秋の気配が漂い始めた8日、久々に大阪に出向いた。豊島とともに、今期は久保利明王将もA級に返り咲いた。前期の名人戦で挑戦者となった稲葉と合わせ、関西勢は総勢3人。今期は少なくともあと1回は筆者の大阪遠征がありそうだ。

 関西将棋会館「御上段の間」。両対局者は緊張の面持ちで向き合っていた。定刻まで20分近くある。ほどなく駒が並べられ、長い時間を無言で過ごした。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文812文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集