メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

新裁判制度1年 悪徳商法、被害回復なお困難

新しい制度を活用した裁判を目指す消費者機構日本の事務局=東京都千代田区で

 悪質商法の被害者に代わって、国の認定を受けた消費者団体が、業者からお金を取り戻すための裁判を起こせる新しい制度(被害回復制度)が昨年10月に始まった。泣き寝入りしがちだった消費者被害の救済が期待されて約1年たつが、制度の活用例はまだない。担い手となる消費者団体が直面する課題を探った。

 ●消費者団体が代理

 「必ず値上がりすると勧誘されて金融商品を買ったのに、値が下がった」「語学学校を解約したが、前払いし…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです