メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

新裁判制度1年 悪徳商法、被害回復なお困難

新しい制度を活用した裁判を目指す消費者機構日本の事務局=東京都千代田区で

 悪質商法の被害者に代わって、国の認定を受けた消費者団体が、業者からお金を取り戻すための裁判を起こせる新しい制度(被害回復制度)が昨年10月に始まった。泣き寝入りしがちだった消費者被害の救済が期待されて約1年たつが、制度の活用例はまだない。担い手となる消費者団体が直面する課題を探った。

 ●消費者団体が代理

 「必ず値上がりすると勧誘されて金融商品を買ったのに、値が下がった」「語学学校を解約したが、前払いし…

この記事は有料記事です。

残り2227文字(全文2430文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  2. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 西日本豪雨 不明の犬1匹を保護 福岡
  5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]