メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

新裁判制度1年 悪徳商法、被害回復なお困難

新しい制度を活用した裁判を目指す消費者機構日本の事務局=東京都千代田区で

 悪質商法の被害者に代わって、国の認定を受けた消費者団体が、業者からお金を取り戻すための裁判を起こせる新しい制度(被害回復制度)が昨年10月に始まった。泣き寝入りしがちだった消費者被害の救済が期待されて約1年たつが、制度の活用例はまだない。担い手となる消費者団体が直面する課題を探った。

 ●消費者団体が代理

 「必ず値上がりすると勧誘されて金融商品を買ったのに、値が下がった」「語学学校を解約したが、前払いし…

この記事は有料記事です。

残り2227文字(全文2430文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです