メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全力投球

プロ野球 黒田が広島に残した財産=大野豊

 (カットは直筆)

 ペナントレースはセ・リーグは広島、パ・リーグはソフトバンクが圧倒的な強さを見せて制した。特に2連覇した広島は新しい力、若い力が伸びてきており、昨年とはまた違った強さだった。

 特に投手力で顕著に表れた。昨年は黒田を軸に一つにまとまった感があったが、今年はその黒田が抜けても1年間戦える力を見せた。シーズン途中で中継ぎから先発に転向した薮田が15勝でチームの勝ち頭になり、2年目の岡田が12勝、4年目の大瀬良も9勝を挙げた。昨年、15勝で沢村賞を獲得したジョンソンが途中離脱、16勝だった野村もまだ2桁勝利に届いていないことを思えば、顔ぶれが変わった印象を与える。

 若い投手が活躍できた理由としては、やはり黒田の存在が大きかったのではないだろうか。大リーグから戻っ…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです