メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌えない「故郷」

東日本大震災6年半/3 もう戻らない景色 復興のため町並み壊す

住宅の解体を手掛ける伊藤勝則さん。バラバラになった柱や壁も「ただのがれきとは思えない」と言う=福島県浪江町で2017年8月25日、喜屋武真之介撮影

 ◆歌えない「故郷(ふるさと)」

山はあおき故郷 水は清き故郷

 福島県浪江町の住宅街にパリーン、パリーンと食器が割れるような音が響いていた。8月25日、「建物解体中」と書かれた旗が揚がる木造2階建ての民家。重機が入った庭では、青い実を鈴なりにつけたカキの木が、切り倒されるのを静かに待っていた。

 現場監督をしていたのは伊藤勝則さん(57)だった。浪江町は今年3月に避難指示が解除され、6年間暮らした横浜市から帰還した。

 友人に誘われて始めた解体の仕事は過酷なものだった。来る日も来る日も、ふるさとの町並みを壊し続ける。…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  4. 社説 過労死防止の対策 残業規制だけでは足りぬ
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです